FINAL FANTASY XIV
  • NECESSARY SPEC

    トピックス

    ジョブシステム及び魔法詠唱に関する変更点

    成長システムの根幹の変更。影響は?

    今回、ジョブシステムに関して、フィーラムである発表がされました。ファイナルファンタジーXIVの成長システムの根幹にあるアーマリーシステムについてです。アーマリーシステムは、メインクラスとは異なる他クラスを育てることでメインクラスを強化・成長させるという横の広がりを持ったシステムです。

    この横の広がりを絞る代わりに、縦方向のメインクラス側を強化・成長させるシステムを「ジョブシステム」という形で導入するということです。幅を利かせるのではなく、より能力を強化できるという解釈がもっとも簡単かもしれません。 ジョブシステムはレベル30から始まるキャラクターの新らしい強化システムになります。各レベル帯に追加される一連の専用クエストによって、システム・アビリティ、そして専用装備が解放されるようになります。

    ジョブシステムと一連の専用クエストは、蛮神バトルのような高難易度コンテンツではないそうです。キャラクター成長の目標やモチベーションのために実装される新たな要素となり、これからの新しいゲームシステムとして発展していく事でしょう。さらに魔法詠唱の変更点についても新たな発表がありました。魔法詠唱中に移動すると詠唱がキャンセルされるようになるという点の追加、前作の11ではおなじみとなった解除方法です。間違って魔法を使ってしまった場合に、動く事で中断する事ができましたが、今作ではそれができませんでした。しかし今回からそれを可能にすると言う事です。

    さらに移動による魔法詠唱キャンセルの仕様追加にあわせて「ターゲットに体を向ける」を実行すると、自PCがメインターゲットに対し即座に正対するようになります。自PCが移動中の場合、「ターゲットに体を向ける」を実行した瞬間、移動が即座に停止するようになります。

    当サイト推奨PC