ゲーム用PCの選び方

HOW TO CHOOSE PC

グラフィックカードの選び方

映像を極限まで引き出す話題のグラフィックカード

映像の主となるのがグラフィックカードと呼ばれるパーツです。たまにディスプレイが高画質なら良いと言われる方がいますが、そのディスプイレイに映る映像の元を作っているのがグラフィックカードなので、この部分がある程度の能力を持っていないといくらディスプレイが高画質でも宝の持ち腐れ状態。

2Dに関しては、よほど古くなければ問題はありませんが、問題となるのは、3D。特に最近のオンラインゲームは、非常にキレイになっており、カードによっては、表現し切れないなどという場合があります。最低推奨ラインのグラフィックカードでは、動作するがたまに動きが悪くなるといったことが起こります。

ゲームによっては、最低推奨と快適推奨ろ分かれていますので、まずプレイするゲームの、そこの項目をしっかり確認することが大事です。さらにオンラインゲームとして使うことを目的とするならば、NVIDIAのGeforce、ATIのRADEONがおすすめです。元々ゲーム向けパソコンに使われているカードは、これらのどちらかです。そこからさらに細かく型式が分かれます。ポイントとしては、シェーダ数・メモリ容量数などが上げられる。

なぜかと言うとこの二つは、「数値が高いほど良い」というとても分かりやすい内容をしているからです。また、冷却機構なども重要になります。しかし一番良いのは、さきほどの説明した通り、ゲームに定められている快適推奨、これで紹介されているカードを使うことです。もしそれ以外の方法で選ぶならシェーダ数・メモリ容量数などを主として選ぶのも1つの方法かと思います。

当サイト推奨PC