ゲーム用PCの選び方

HOW TO CHOOSE PC

メモリーの選び方

究極のプレイスタイルを実現するメモリー選び!

まずは、CPUに適応していることが大前提であるが、その後の問題として、DDR,・DDR2・DDR3などのデータ転送速度や、クロックがあります。もちろん、DDR3が一番早くバスクロックは実クロックの4倍、動作クロックは実クロックの8倍となっている。

このメモリーの役割としては、パソコンの主記憶装置として使われている。一時的なデータ置き場として使われている。もちろん、容量が高いことに超したことはないが、用途によって必要数というのがある。

しかしこのメモリーは、時としてハイスペックパソコンの動作を鈍らせる要因になります。 同時に複数のアプリケーションを使う場合に万一メモリー不足になった場合、頻繁にデータをディスクに書き出す必要があるため、性能が高いパソコンでも動作が急激に遅くなるなんてことがあります。大きなデータや複数のデータを必要とする場合には、4GBからがおすすめになっています。特にオンラインゲームなどをプレイするにあたっては、4GBも必要としないが、最近ではスカイプで通話しながらや音楽を再生しながらさらには、ブログの更新なども同時に行うこともあり、複数のアプリケーションを同時に使うことがあるという方が多い。

メモリーを選ぶ際は、どれくらい使うのかを考えつつ最低ラインとして4GBは、欲しいところである。もちろん、6・8・12GBなどの容量もあり、パソコンによっては、購入後増設することが出来るので、拡張しやすい部分でもある。だが、必要以上あっても使うことないので、無駄に高い容量を選ぶ必要もありません。

当サイト推奨PC